#08「大稻埕~哩厚!・大稻埕~リーホー!」前篇

你好我好 / 青木由香&伊禮武志 

 Photo / DingDong。Edit / NORIMORI


一早我們開著車要進入市區,城市外圍已落下細雨,天空還積滿了烏雲,到了現場等待的時刻,仍憂慮著擔心會影響拍攝,但就在見到青木的先生騎著摩托車載著她與孩子歡樂的駛進閘門時,陽光也跟著他們一家無敵開懷的笑容灑落、烏雲散去!騎著塑膠殼機車熱情的招呼加上三貼,真的是超級台灣Style!一家融入地夠徹底了!


朝早く車で下町へ向かう。霧雨が降り雲だらけの空に、太陽も隠れんぼ。撮影に影響しないかなと心配していたけど、青木さんのご主人がバイクで彼女と息子を乗せて楽しそうにやってきた姿を見た瞬間、太陽は三人の笑顔につられて輝き、雲も逃げて行った。三人乗りバイク、なんて台湾感満載!すっかり馴染んでる!


Mom / 青木由香,神奈川出身,年齡密

你好我好 主理人。

多摩美術大學畢業,03年開始旅居於台灣。 以「奇怪ね 一個日本女生眼中的台灣」一書開始受到關注,出版多本台日差異觀察與旅行的暢銷作家。除此之外還有水墨畫、書畫等、藝術作品的創作,並主持台灣的電視節目「青木由香の台湾一人観光局」,在多方面活躍著。從喜愛台灣到定居在台灣,青木已然成為台日交流的領路人。


多摩美術大学を卒業後、世界各国を旅行。2003年に台北で中国語を学ぶとともに、写真や墨絵などの制作を始める。日本人の目から見た台湾の面白さを書いた『奇怪ねー台湾』を出版し、台湾国内でベストセラーを記録。ビデオブログの『台湾一人観光局』が台湾でテレビ化され人気を得た。現在は台湾在住。台湾と日本文化の架け橋みたいな存在。


Pa / 伊禮武志,沖繩那霸出身,45歲

專業音樂經紀人。

不念高中跑去玩音樂,玩成專業的音樂經紀人。目前正努力於台灣與沖繩的音樂文化交流中,總是笑嘻嘻沒脾氣,但是動作太慢讓老婆傷腦筋。很喜歡台灣,因為台灣人像以前的沖繩人一樣,令人感覺舒服。(但說現在沖繩人像東京人XDD)


高校を辞めて、音楽の道へ。今は音楽プロデューサーとして、台湾と沖縄の音楽交流に力を入れている。いつも笑っているから、怒るイメージがない。でも動きが遅くて、妻を困らせている。台湾が好きな理由は、台湾人が昔の沖縄人に似ていて、一緒にいると居心地がいいから。(最近の沖縄人は東京人と似てきたwww)


Kid / 伊禮素有,4歲

喜歡吃的食物:Pizza、肉、飯
喜歡日式早餐:納豆 味噌湯 跟海苔

瀏海是媽媽親手剪的。剛出生時跟爸爸長得很像,最近開始越來越像媽媽了,遺傳爸爸動作慢的特質(吃冰也很慢)但愛講話,有點固執則是像媽媽。

特殊能力:遇到不會說日文的台灣人,會跟對方說中文;遇到會說日文的台灣人,則自動切換成日文模式


好きな食べ物:ピザ、お肉、白いご飯。朝ご飯は和食が好きで、特に納豆と味噌汁。

のりに見える前髪はお母さんにカットしてもらった。生まれた時はお父さん似だったけど、最近はどんどんお母さんに似てきた。動きが遅いところはお父さんにそっくり(アイスを食べるのも遅い)。でもおしゃべりで、ちょっと頑固なところはお母さんと一緒。

特殊能力:日本語が分からない台湾人に中国語で話し、日本語が分かる台湾人には日本語で話す。



「哩厚!Biking!・リーホー!Biking!


這天我們與青木由香一家三口,相約在大稻埕碼頭,距離她經營的選物店「你好我好」僅10分鐘步行距離,是他們一家人常來散步的地方。

この日は青木由香さん一家と、大稲埕埠頭で待ち合わせ。彼女が経営しているセレクトショップから歩いて10分の距離で、家族三人がよく散歩に来る場所。


週末青木時常需要去店內張羅,孩子就會跟爸爸晃來大稻埕碼頭騎車散步。

週末、青木さんはお店に立つことが多くて、大稲埕埠頭へはお父さんが自転車でよく子ども連れて来て遊ぶ。


素有指爸拔的肚子太大了會卡住,所以要坐前面( ̄▽ ̄)


お父さんのお腹が大き過ぎるから、前に乗ってねとつっこんだ素有くん。


大稻埕碼頭,與大稻埕的發展歷史有著密切的關係,淡水開港通商,外商洋行紛紛到此開設商號,促成大稻埕往後的繁華。

大稲埕埠頭は、この地域の発展や歴史と切り離せない場所。淡水港が開かれると各国から商人がやって来て、貿易と商業の中心地として発展した。これこそがその後の大稲埕繁栄の始まり。


素有以一種freestyle的方式騎乘,前進路線是個謎,讓大人在後面好幾次亂了手腳跟不上他。

素有くんの運転が自由で、どこへ向かうのかは謎。大人たちも度々不意を突かれる。


氣氛超登對的二人組,是大約7 、8年前在台灣的音樂祭場合中相識,因為同為日本人的關係,朋友群也就兜在一起,就這樣越來越熟識。青木說那時後的約會就很喜歡兩人一起騎著腳踏車,去台北很多地方去晃晃。『但他現在更多是愛睡覺 :P』青木補充


とてもお似合いの二人は、7~8年前に台湾の音楽祭で出会った。日本人同士で友達もほとんど一緒だったから、自然に親しくなった。その時からよく台北のいろんな場所へ自転車デートしていたけど、青木さんが「今、彼は寝る方が好き」と付け足した。


童心很重的伊禮先生,就像是哥哥,又像是素有的大玩偶,親密的陪在他身邊。素有心情好的時候,會主動跟爸爸親親,但大部分的時候是被爸爸強吻~口水!口水!討厭!


子どものような伊禮さんは、時々お兄ちゃんのように、時々大きなぬいぐるみのように、素有くんに寄り添う。素有くんが機嫌のいい時はお父さんにチューするけれど、大体はお父さんからの無理やりが多い。よだれイヤだ!


小時候的伊禮先生,因為爸爸常在外地工作,可以說是爺爺帶大的,爺爺也要工作很忙,所以都是自己照顧自己,蠻獨立的,但他笑說『有時候也會有像吃到過期食物這種很笨的事,但自己吐一吐就會好了。』


お父さんが遠くで仕事をしていたから、伊禮さんはおじいちゃん子だった。そうは言ってもおじいちゃんも仕事が忙しかったから、なんでも自分でする自立した子供になった。「賞味期限が切れたものを食べちゃったこともあったよ。でも吐くと治るから」と伊禮さんが笑った。


小學六年級快要成為不良爆走族,被爺爺硬送去唸福岡學校住宿舍,喜歡自由自在的他笑說:『那裡好像監獄一樣,所以我不到三個月就受不了逃獄了。』爺爺年紀大再加上缺少父親的陪伴,讓他從小就往外頭跑結交很多朋友,常好幾天沒回家被捻回去。現在有了兒子,但卻不是很懂的當爸爸的樣子,只是想玩就一起玩,有想見的朋友就帶著兒子一起參與,笑說是憑著直覺在陪伴。

小学校六年生で暴走族になりかけて、おじいちゃんに福岡の全寮制の学校に転校させられた。「刑務所みたいで、一ヵ月も耐えられずに脱獄した」と自由が好きな伊禮さんが言った。お父さんはあまりいないし、おじいちゃんも年だから、子供の頃からいつも外で友達と遊んで、何日も家に帰らないこともあった。今息子がいるけど、お父さんっぽいというのがどういう感じなのかはよく分からない。遊びたかったら遊んで、会いたい友達がいれば息子も連れて行って、思うままに一緒に過ごす。


騎得滿頭大汗的素有,被媽媽要求喝水,喝太急的瞬間頓時嗆到水從鼻孔噴出來,逗得所有人都哈哈大笑。

ずっと自転車に乗っていた素有くんは汗だくで、お母さんからお水を飲ませてもらっている時にむせてしまった。鼻からお水が出ちゃって、みんなを笑わせた。


我們好奇這麼爽朗搞笑的兩個人,是如何決定一起步入正經的婚姻當中,伊禮先生馬上指青木說:『她求婚啊!』青木大笑反駁:『怎麼可能!是在一次朋友的聚會,大家可能都喝多了,開始起鬨伊禮求婚,就在喝醉與朋友們的威脅下,我答應了~』這…真是可愛(默默懷疑就是男生跟朋友串通設好的局!)


こんなに面白いご夫婦が、どうやって結婚にまでたどり着いたのかが気になった。伊禮さんがすぐに青木さんを指差して「彼女からのプロポーズだよ!」と言った。大笑いして青木さんが「そんなわけないでしょう!友達と一緒に飲んでいた時に、ノリで伊禮さんがプロポーズして、酔った勢いでオッケーしたの」と反撃した。すごくかわいいプロポーズだね。(もしかしたら、これは伊禮さんと友達のプロポーズプランかも!)


•    •    •




「哩厚!Eating!・リーホー!Eating!

大量的運動完畢,是該讓肚皮滿足一下的時刻!青木帶我們來到大稻埕裡朋友經營的麵店享用午餐。


。体をいっぱい動かした後、しっかり栄養補給!行ったのは青木さんの友達が大稻埕に経営している麺食のお店。


『津美妙麵店』是近期在大稻埕深受旅人喜愛的精緻麵食小館,青木說:『我們最近都在吃這個!』,一進門就先熟識的跟大家打招呼。風味獨具的開陽蔥油拌麵、招牌的津美妙炸醬麵、選用迪化街花椒與香料的椒麻麵。還有花椒風雞、麻辣腸與醋溜土豆絲,長生不老薑檸水等,簡單就很美味!看小菜排隊點單結帳,我們也跟著排在後面流口水。

大稲埕にある『津美妙麵店』は、最近観光客にも人気の麺屋さん。「最近はいつもここ!」と言いながら、青木さんはお店にいた知り合いに挨拶をしていた。独特な風味のネギ油と小エビ麺、定番のジャージャー麺、迪化街の花椒と香辛料を使ったピリ辛麺。あと花椒塩の蒸し鶏、ピリ辛ソーセージと千切りジャガイモ炒め、ジンジャーレモン水など、どれも簡単だけどとても美味しい!注文の列に並んでいるだけで、よだれが止まらない。


已經上幼稚園的素有,其實很能照料自己了,但在父母身邊仍會顯出孩子的撒嬌。原本時不時露出調皮的一面逗弄兒子的青木,瞬間化身成溫柔的媽媽,邊細心的餵食、擦汗,邊回應素有時不時丟出來的無俚頭要求。而爸拔就像是他的大玩偶一樣,素有一直逗弄也不見伊禮先生反抗,這家人的餐桌總是開開心心熱熱鬧鬧的。


幼稚園に通っている素有くんは、自分のことは大体できるけど、両親の前では時々甘えん坊になる。そんな時青木さんはからかうのを止めて、一瞬で優しいお母さんになって、ご飯をあげたり、汗を拭いたり、無理なリクエストに応える。そんな時お父さんはちょっかい担当で、この家族の食卓はいつも賑やか。


對孩子的期待,伊禮先生談起自己的過往,不念書跑到名古屋從事燒瓦片的工作、一邊研習著修車技術,當時結識了位音樂製作人,彼此很投緣,後來就跟在他旁邊幫忙,像倒茶啦打雜工等小弟的事、或是把鹿的蛋蛋泡酒來喝這類胡鬧的事也有,但因此認識了音樂,熱愛上音樂,也從此改變了他的生命。


子供に望むことについて、伊禮さんは自分のことを話してくれた。勉強を辞めて名古屋で車修理の研修を受けていた時に、ある音楽プロデューサーと知り合いになった。すごく気が合って雑用スタッフのような感じで手伝うようになり、そこで音楽に触れどんどん夢中になって人生も変わった。


伊禮先生雖只有國中畢業,不善念書的他憑著熱情、還有對別人的好,真心持續的努力著,因此踏入音樂界,成為樂團的經紀人,現在則是努力交流沖繩跟台灣的音樂文化,這奇妙的人生經歷讓伊禮先生覺得笑說:『不要管小孩太多,愛他陪伴他,剩下的放手讓他自己發展,他們會找到自己要做的事』

現在很務實的希望素有可以學會自理一些事,比方說穿衣服釦釦子等簡單的照顧自己的事就好(笑)


勉強が苦手だった伊禮さんは中卒だけど、音楽への情熱いっぱいに努力を続け、音楽業界に入りプロデューサーになった。今は沖縄と台湾の音楽交流に力を入れている。「子供のことにあまり手出しはせずに、彼を愛してそばにいるだけ。子供は自分で道を探すから」。伊禮さんが自分の人生から分かったこと。

今は素有くんにもっと実用的なことを学んでほしい。例えば、服のボタンを自分で留めるとか(笑)。

•    •    •





「以後長大,成績不是最重要的,但記得你的個性一定要好,要對別人溫柔!」   

「成績が全てではない。性格の良さが一番だ。優しい人になること!」


Pa / 伊禮武志









青木由香 


台湾一人観光局長 / 你好我好主理人

台日文化觀察暢銷作家,著書:〈奇怪ね 一個日本女生眼中的台灣〉〈台湾ニイハオノート〉〈麻煩ね 給台灣人的日本人使用説明書〉等

www.aokiyuka.com 


你好我好 


座落於大稻埕,是一間介紹日本的好東西給台灣人,介紹台灣的好東西給日本人。「透過我們店讓日本跟台灣更近的話,我們好開心」~by 青木

大稲埕にあるセレクトショップ。日本のいいものを台湾人に、台湾のいいものを日本人に紹介するお店。「ここを通して日本と台湾の距離がもっと近くなれば嬉しい!

台北市大同區涼州街45號
www.facebook.com/nihaowohaostore 



大稻埕碼頭


大稻埕碼頭幾經繁榮,功能不復當年。在政府規劃下轉型休閒遊憩,也是藍色公路的起點。沿岸並闢建自行車道,可以享受河畔之旅。

大稲埕埠頭は何度かの繁栄を経て、その役目はなくなりつつある。政府のレジャー計画で自転車専用道路が設けられ、自転車を乗りながら川の風景を楽しめるようになった。


台北市大同區民生西路底(淡水河畔 五號水門)


津美妙 jmm canteen


這是一間麵店,勉力成為小吃麵店的一頁傳奇。
在這間麵店,你會得到與眾不同的麵食經驗。

ここは麺屋さん。麺の歴史に名前を残せるように努力している。これまでに味わったことのない麺と出会えるお店。

台北市大同區迪化街一段202號
www.facebook.com/jmmcanteentw



Using Format